家族葬

家族葬とは、遺族・親族・友人などの本当に近しい関係者のみの少人数で行う葬儀の事です。

家族葬とは、ご家族や身近な友人とのお別れを最優先に考え、儀礼的な弔問等をなくした、家族中心でおこなう葬儀スタイルの事をいいます。一般の葬儀の小型版という捉え方が適当で、多くの場合、通夜や葬儀・告別式・火葬といった一連のセレモニーは通常どおり行います。

家族葬で執り行うことで考えられること。

メリット
  • 参列人数の確定や、日程などが自由に設定しやすい。
  • 近親者のみで行うため、会葬者に気を遣うことがなく少なく、落ち着いて故人とのお別れができる。
  • 少人数で行うため、通夜振舞い・返礼品等の費用も低額になる。
  • 虚飾を排し心のこもった葬儀を行いたい遺族にとっては、ふさわしい葬儀の形態である。
デメリット
  • 弔問客から、葬儀後に苦言を呈されるなどの不義理が生じる場合がある。
  • 弔問客が後日自宅にバラバラに訪れることになり、そのための対応に苦慮することがある。
  • 家族葬であっても葬儀費用は一般葬に比べほとんど変わらないのに対し、一般葬で遺族の収入となる香典・弔慰金がほとんどなく、葬儀費用と相殺できないため、一般葬よりも費用負担が増える場合もある。

家族葬の費用については、基本的には通常の葬儀で使われるものと同様の祭壇等が使われるため、必ずしも劇的に安くなるとはいえません。

 

家族葬が選ばれる主な理由として、以下のものがあげられます。

  • 故人が高齢で、参列者が少ない。
  • 身内だけで静かに葬儀を執り行いたい。
  • 故人がこじんまりしたお葬式を望んでいた

 

家族葬の流れと手順

家族葬は一般の葬儀の小型版ですから、手順に大きな違いはございません。
規模は小さくても宗教儀式を行う方もいれば、宗派・宗旨にとらわれない無宗教葬を希望する方もいます。

 

ご葬儀プラン: 50万一式 ・ 55万一式

 

来迎舎では家族葬へのきめ細かな対応をこころがけております。